浜辺で寄り添う男女

相談所を利用する

結婚相談所のタイプとシステム

結婚相談所には大きく分けて、「データマッチング型」「仲人・相談型」の2つのタイプがあります。 データマッチング型では、登録者のプロフィールデータから趣味や希望条件など自分の希望に近い相手を紹介してもらえるサービスです。 そのため初めから自分の希望や趣味などの共通点が合っている人と出会えるので、恋愛に発展しやすいのが特徴です。 仲人・相談型は男女の間に仲介者が入り成婚に向けて手厚くサポートしてもらえるシステムです。 専任のスタッフが、身だしなみや会話術など出会う前の段階から、相手選び、お見合い、交際、成婚まで親身になってサポートに入ります。 そのため成婚率も高く、登録者も結婚意欲が高い人が多いのも特徴の1つです。

まずは出会いを目的とた利用者が多い「パーティー型」と「インターネット型」

婚活のスタイルとして、男女の出会いを目的としたパーティやインターネットでの出会いも最近ではポピュラーです。 パーティー型では一度に複数の人と会い、会話ができるので出会いのチャンスが広がります。 また様々なスタイルのパーティがあるので、自分に合ったパーティーに参加することで、共通点や趣味が合う人に出会える確率が上がります。 インターネット型は最も手軽な婚活方法です。 思い立ったらすぐに登録でき、パソコンやスマホ、携帯があればいつでも参加できる気軽さが人気です。 これらは結婚相談所と同様にまずは男女の出会いを目的としたものですが、結婚相談所と異なる点は入会の手続きが不要であったり、簡単であるという点です。 また費用においてもリーズナブルな点です。 そのため利用者も多いですが、すぐに結婚というより、まずは出会いを求めている場合が圧倒的に多いため、結婚相談所と比べて成婚率は低く、成婚までにも時間がかかる傾向にあります。